イークライナーとは?

治療前の歯型から3Dスキャンデータを作成し、治療に必要な全てのマウスピースを製作することができるため、治療時間や歯型採りの回数を少なくできます。
イークライナーのメリット
1.取り外しができる
マウスピース型の矯正装置のため、自分で取り外しが可能です。食事や歯磨きの際には取り外すことができるので、虫歯や歯周病などの心配もありません。
2.痛みが少ない
厚みが違う3種類のマウスピース(0.5mm、0.625mm、0.75mm)を1週間毎に使用して段階的に歯に矯正力をかけていくため、ワイヤー矯正のような強い痛みがありません。
3.目立たない
従来の金属ワイヤーとブラケットによる矯正装置とは違い、透明なマウスピース型のため、目立たず周囲から気づかれにくい装置です。
4.型取りは最初の一度だけ
最新コンピュータシステムにより、全ステップの装置作製を可能としたため、従来の矯正で必要とされていた各ステップ毎の型取りが不要となり、型取りは最初の一度だけとなります。

イークライナーのデメリット

装着時間を守らないと歯が動かない
決められた時間に装置を付けなければ治療は進みません。
適応できないことがある
抜歯が必要な人、上下の顎の大きな不調和がある人などは、イークライナーのみでの治療が困難となります。

イークライナーの注意点

装着時間 イークライナーは装置を付けている時のみ矯正力がかかるため、患者様の全面的な協力が必要な治療法です。
就寝時も含め1日17時間以上は必要です。
交換 マウスピースは1週間毎に交換が必要です。
食事 食事の制限などはありませんが、食事の時はマウスピースを取り外してください。
飲み物はマウスピースを装着したまま飲むことができます。
衛生 初めて装着する前には、イークライナーを必ず水洗いしてください。
また、イークライナー自体の洗浄も必要です。歯ブラシを使用し、内側と外側を丁寧にやさしく磨いて下さい。

イークライナー装着例

装着前/装着後

イークライナー使用前後の比較

使用前/使用後

最新のコンピュータシステムにより治療を最適化

このシステムにより治療開始前に治療のゴールを精密に予測することができるため、以前からあるマウスピース矯正装置クリアアライナーと比べてより正確な治療ができる矯正装置に進化しました。
白い歯が実際の歯、着色された歯が矯正後のイメージです。
前ページへもどる
このページのトップへ